怖い話 その8

○ボールが弾む音
875 本当にあった怖い名無し sage New! 2005/07/18(月) 04:51:25 ID:dlM1s3yR0
いいねぇ怖い話見るの好きだ俺もプチ怖い話でも書き込むかね、結構長文ですが

自分が高校生の時家族と親戚がすんでいる所に遊びにいったんだ
そこに行くと沢山従兄弟いるんだけど年が近いのと遊ぶのが通例で
その時も自分といつも遊んでいる3人とその友達2人の計6人でいて遊んでたんだが
従兄弟の一人が学校に忘れ物をしたらしく遊んでいる途中で学校の近く通ったんで
取ってくるといって行ったんだけど俺は他人の学校って妙に気になるタイプで
ついでに付いて行ったんだ、警報とかよけながら鍵開けて目的の教室はいったんだが
そいつが探し物している間ボールが弾む音がしたんだ

【続き】
○奇妙な親子連れ
232 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/03/08(金) 00:29:01.95 ID:PpGxD6OO0
1 :1: 2000/05/08(月) 14:42
奇妙な親子4人連れを目撃した方はいませんか?
父親と母親、14才くらいの娘と9才くらいの息子。
この家族は、なんと全員が同じ顔をしていました。
ジミー大西に巨大な出っ歯をつけたような顔で、いつも家族4人で 行動していました。
JR内房線岩根駅附近に、出没していましたが、60年代に入ってか ら、見かけません。
この家族は、いったい何者だったのでしょうか?

【続き】
○背後から近づくもの

これは私の友人Kが、実際に体験した話に基づく。
Kは当時23歳、大学卒業後、地元静岡に戻って就職、両親と同居し、実家から会社に通勤していた。Kのその実家は愛鷹山をだいぶ上ったところにあるのだが、森林が晴れたところにあるため、家の明かりがついていれば、十分麓からでも確認できる位置にあった。なので、Kは仕事から帰る途中の麓のバイパス道から、いつも自分の家を何気に見つつ車を走らせていたそうだ。

【続き】
○マジキチアパート
191 本当にあった怖い名無し sage 2013/02/11(月) 21:26:54.07 ID:vEmkQBSL0
単に大学4年間住んでた激安アパートがマジキチ住人しかいなかったって話
都内だけど家賃3万円代、某物件サイトにも火事マークで載ってるとこ
バルコニーと建物全体が変な形というかミニ四駆でいう肉抜きしてて、2階の部屋から全階の廊下が見える
オバケ臭い部分以外は箇条書きすます、オバケエピソードは2レスになってしまうスマン

【続き】
○障子の穴

338 1/3 sage 2009/09/14(月) 00:29:43 ID:nj4Acrhf0
子供(小学校高学年)の頃の話。

当時、自分の部屋は、畳と障子のバリバリの和室で、布団を敷いて寝る生活だった。

ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。
寝込んでるときって日中もずっと寝てるから変な時間に目が覚めるんだよな。

当然、電気も消えてるし障子も閉め切ってるから、部屋の中は真っ暗。
でも真っ暗な中でも、目が慣れてくるとある程度(外の明かりもあって)
部屋の様子が見えてくる。そんな状態で、ぼーっと寝たまま障子の方を見ていた。

【続き】
○消えるお金

427 本当にあった怖い名無し sage New! 2014/01/19(日) 23:51:53.97 ID:rhdK3sYo0
友人から聞いた話。

友人の同僚でNという営業マンがいた。
Nは付き合っていた女性を騙して、散々お金をむしり取った挙げ句、捨てたらしい。

それからしばらくしてNに異変が起きる。
現金で売り上げると、会社に戻る前にその現金が減っている。
最初は数え間違いや、勘違いかとも思ったらしいけれど、封をしている封筒や鍵を掛けた小型金庫、肌身離さず持っている財布の中からも無くなる。
そのたびに不足金として、Nは自腹を切っていた。
ところが、それも長くは続かず、給料引きという未払い金扱いにするようになった。
結果的に給料よりも未払い金が上回る事もあり、Nは借金を重ねるようになる。

ある時、大口の現金取引が入った。
Nは担当替えを願い出たが、どうもお得意先からのご指名らしく、仕方なく行くことになる。
数百万という金額の為、Nは一つ策を練った。後輩を同伴させ、お金だけ彼に運ばせる。
これなら何の問題も起きないはずだ、と。


【続き】
○混雑

108 :本当にあった怖い名無し :2011/08/02(火) 08:49:46.14 ID:CRZD2TnL0
俺が小学生の頃、近所に百年近く続く小さな銭湯があった。
まあ老舗とはいえ時代の流れか、客入りはそれほど良くなかった。
俺の爺さんはたいそうお気に入りで、その銭湯に通うのが楽しみの一つだった。
何の前触れもなくポックリと死んだが、その前日も通っていたくらいだ。
ある週末の夜、親父に銭湯に連れて行ってもらった。
服を脱いで勢いよく浴室の扉を引くと、驚いた。
いつもは閑古鳥が鳴いているこの銭湯が、どういうわけか満員だった。
浴槽は芋洗いだし、洗い場も一つも席が空いていない。
後からきた親父も驚いていた。

【続き】
○小さな白い影
私は親族に、主に妻の家族へ隠し事をしている。
なぜ私だけが知り、なぜあの時お義父さんが私だけに話したのか。
それは10年以上経過した今でもわからない。
それは妻の母親、つまり私のお義母さんが亡くなってから2ヶ月後。
その日は甥の誕生日があり、親族で誕生日パーティーを開いたときの事だった。
私は義兄に頼まれて、そのパーティーの様子を8ミリテープのビデオカメラで撮影していた。
すでに認知症気味だったお義父さんもその席にいた。

【続き】
○格安物件
大学に合格して部屋探ししてる時、

部屋の状態がよくてできるだけ値段の安い所を探してました。


何件か不動産屋をハシゴしてる時、

築6年、3F南東角部屋、1K11畳、\35k、

バストイレ別(!)っていう物件があったんです。


当時としてはバストイレ別なんて珍しい、

部屋の状態もいいらしいし、条件も最高なんで、

ひょっとしたらアレな部屋かな?と。

【続き】
○大黒様
889 本当にあった怖い名無し sage New! 2005/07/18(月) 10:23:27 ID:NrdUhZF80
過去ログの何でも拾ってくる親父を見て思い出した。

10年位前にうちの親父が川から木彫りの大黒様を拾ってきた。
どうやら大黒様=縁起がいいと思ったようで簡単に洗って床の間に飾ったわけよ。
で、それから数日して親父謎の皮膚病発症。
炎症がひどくて背中と頭の皮膚がぐじゅぐじゅになってた。

【続き】
○QRコード
718 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/03/10(日) 01:24:50.79 ID:G32j4l6Xi
一昨年くらいの話なんだけど、近所の塀に変なモザイク模様の落書きが散見されることがあった
多分紙とか切り抜いて上からスプレー吹いて壁に転写したんだろう。そういう手口で量産されるコーヒーのBOSSの顔や阿部さんの落書きとかニュースで見たことあったし

【続き】
○音声認識

昨日の話。
いつも会社の戸締りを任されているんだけど、昨日も17時半に仕事が終わり、 社内には自分とオカルト好きの同僚だけになったんで、居残って怖い話をしてたわけ。
で、18時になってその同僚も帰り、自分も片付けて「さぁ帰ろう」と思った時、 ポケットに入れているスマホから「ピポッ」って音がした。「ん?」聞き覚えのある音だ。これは・・・音声認識の確認音だ。おかしいな、手が当たったのか?でもいつもポケットに入れる前にロックをかけるはずなんだけどな…ポケットから出して画面を見てみると、やはり音声認識が作動したようだ。

【続き】
○年越しの怪異
213 本当にあった怖い名無し sage 2013/02/11(月) 23:18:24.67 ID:c/3apnkc0
実家の風習?というか慣習なんですが、
「年を越す時に自分の姿を見てはならない」というのがあります。
鏡はもちろん、水に映った姿も、例えば塗りのお盆に自分の姿が映ったものでもいけないらしいです。
「見てはいけない」というのは、よくある話なのですが映った姿は死ぬ時の姿なので見てはいけないそうです。

【続き】
○石
870 1 sage 2010/01/27(水) 16:44:53 ID:sarATqMa0
私は今、独り暮らしをして3年目にる。
掃除をしていたところ、実家から持ってきた石を久々に見つけたので、
そのエピソードも思い出してみた。
うっかり長文になったので、3回くらいに分けて書き込みます。

数年前、雨が降る日だった。
冬の終わりのころ、冷たい雨だったと思う。
婆ちゃんがなくなって数ヶ月…経っていなかったかもしれない。
寂しい寂しいと、爺ちゃんはよく言っていたから、
元気にしているだろうかとお父さんやお母さんと一緒に会いに行った。

【続き】
○送り番

474 本当にあった怖い名無し sage 2012/06/05(火) 00:12:40.90 ID:g7GCb+yj0
子どもの頃ひい爺さんから聞いた話を書きます。

ひい爺さん(以下爺さん)は明治の早い時期の生まれで、しかも山村で育ったため
いろいろと奇妙な風習を知っていて、自分が子どもの頃によく話してくれました。
爺さんの村では送り番という役回りがあり、これは三軒ひと組で回り番で当たる遺体の
埋め役のことだそうです。当時爺さんの村はまだ土葬で、寺で葬式を行った後に遺体の
入った棺桶を荷車にのせて村はずれにある墓域まで運ぶのです。村の顔役や男手のない家
では代わりを頼むこともできましたが、葬式では酒も振るまわれ些少の礼金も出たそうです。

【続き】
○一致しすぎ

45 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/09/04(日) 20:52:10.05 ID:4HlYZ2BG0
どのスレに該当する話か迷ったけど、ここに・・・。
霊は出てこないけど、偶然が一致し過ぎていてちょっと怖い。
文章苦手なんで箇条書き。

【続き】
○死臭
俺、ガキの頃、間もなく死ぬ人間から匂う”死臭”を感じていた。
親戚のジイサンがすげぇ臭くて、でもジイサン自体は元気だし、
みんなもニコニコとそばに寄って話なんかしてたりするから、
避けている自分の態度は失礼なんだ、ぐらいに思っていた。
それから数日後にジイサン急死。

【続き】
○滑落
ゴールデンウィークの事でした。


地元の山岳会に所属している私は、

同じ会の仲間数人と泊まりがけでK岳へ登山へ行きました。


途中にある山小屋で一泊し、翌日の朝に山頂を目指す計画になっていました。


二日目、山の尾根を歩いていると仲間の一人が強風に煽られ滑落してしまいました。


300メートルは落ちていったでしょうか、(だめかな)と思ったのですが、

奇跡的に助かったようで、手を挙げてこちらに助けを求めているようでした。


私たちは慎重に砂利の斜面を下っていきました。

途中には生々しい血の帯がついていました。

【続き】

  • 最終更新:2017-05-25 08:15:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード