怖い話 その5

○命の灯
735 本当にあった怖い名無し New! 2005/07/17(日) 00:45:58 ID:vbD4VqQa0
あんま怖くないけど身内が体験した話を

今から7年ほど前に同じ市内に住んでた母方のばあちゃんが倒れたんだ
だいたい夜の10時過ぎぐらい
じいさんの電話で母さんがすぐに向かった
すぐに救急車を呼んで市内の病院へ
じいさんが救急車に乗って、母さんは車で病院へ向かった
応急処置をしたんで、一命は取り留めた

【続き】
○死神くん
118 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/03/05(火) 12:05:55.96 ID:t4qKPEpb0
ごめん、あんまり怖くないかもだけど。

昨年の夏の話。

その夜は友人との飲み会で、かなり帰りが遅くなった。終電も逃し、このまま朝まで飲み明かすかーって話だったんだけど、私は次の日用事があったので帰ることにしたんだ。

私の自宅は新宿からそう遠くなく、タクシーに乗ればすぐに着くけど、まあ歩けない距離じゃないし酔い覚ましがてら歩いて帰るかってことで、暗い夜道を一人で歩いた。

【続き】
○だるまさんがころんだ

お風呂に入って頭を洗っている時、「だるまさんがころんだ」と口にしてはいけません。
頭の中で考えることも危険です。

何故なら、前かがみで目を閉じて頭を洗っている姿が「だるまさんがころんだ」で遊んでいるように見える。
加えて水場は霊を呼び易く、家の中でもキッチンやお風呂場などは霊があつまる格好の場となるからです。

【続き】
○死者への電話

10 本当にあった怖い名無し sage 2013/02/09(土) 08:17:36.53 ID:/EdzO+wC0
昨夜あったことを聞いてください。怖くないけど不思議なの。

かみさんが織田さん(仮名)って人に電話がかかっちゃってるよと言って俺を起こしたのよ。
枕元のiphoneをみると確かに織田さんに発信中。慌てて切って時間をみると2時ちょい過ぎ。
こんな時間に知らない相手からかかって来たら相手の人も迷惑だよなって思ったのよ。
というのも織田さんは4年くらい前に亡くなってるの。自殺。

【続き】
○石

381 本当にあった怖い名無し sage 2005/07/15(金) 13:03:32 ID:AfyrYbyu0
すみませんお待たせしました。
ここの人たちだったら信じてくれると思います。
霊感とかそんなもん無いと思うが、実体験を書いておきます
というか僕と友人の話しなのですが、どちらかというと友人の方が霊感みたいなものがあったんだろうと思います。
ひょっとして怖くないかも知れません。最初に言っておきます。
長くなります上に、文章へたくそなので面倒な人はスルーしてください。
大阪弁が使われており、読みにくいかもしれまん、ある程度再現するには言葉もそのままの方が
良いと思いそうさせていただきました。

【続き】
○何者?

645 本当にあった怖い名無し New! 2012/07/10(火) 01:55:47.48 ID:Dn1ZccuP0
3年ほど前の春先の話。

どこかに出掛けて、19時過ぎに帰宅。
車庫のシャッターを開けるため、車から出ようとすると、出掛けに閉めたはずのシャッターが開いている。
うちの車庫は二階を物置にしているから、自分の留守中に家族が開けて閉め忘れたんだろうなと思い、特に気にも留めなかった。

バックで車庫入れを始めると、薄暗い車庫の中に人影がある。
ん?誰だ?と思いながらも、オーライオーライとジェスチャーするのでそれに従った。

自分ちだから慣れてるわけで、車は一発で入った。
するとその人物「オッケー!うまいねっ」と拍手してる。
まだ車内にいる自分にも聞こえるような大声で。
ここで気付く。こいつ、家族の誰かじゃない。
父か弟だと思ってたけど明らかに声が違う。

【続き】
○火の玉

273 :雷鳥一号 ◆jgxp0RiZOM @\(^o^)/:2015/02/07(土) 20:45:13.88 ID:xAU9oVjx0.net[1/3] 友人の話。

山道整備のボランティアに参加した際に、不思議なものを見たという。
仕事が終わり、夕暮れの山道を仲間たちと帰る途中、行く手から何かが現れた。

火の玉だ。
薄暗い中で、明るく輝きながら、こちらへ宙を滑るように近よってくる。

驚いて様子を窺っていると、火の玉は彼らのすぐ横を何事もなく通り抜け、
そのまま山頂の方へ流れていったという。

「擦れ違う時にはっきりと見えたんだけどさ。
 火の玉の中で、でっかい蜥蜴が動いてた。
 苦しんでいる風じゃ全然無くて、平気な顔で足を進めてたなぁ」

【続き】
○ミルク飲み人形
これは、私が子どもの時に体験した奇妙な話し。
私の父はとにかく貧乏性で、近くのゴミ捨て場で壊れた家庭用品やガラクタなどを見つけては、
「もったいない」と家に持ち帰ってきた。
家族はそんな父に呆れていたが「恥ずかしいからやめて」と言っても、やめるような性格ではないのは知っていたから、
諦めて父の好きにさせていた。
父が拾ってくるのは様々なものだったが、
中には「なんで拾ってきたの?」と言いたくなるような、奇妙なものも少なくなかった。
その中のひとつが、あの人形だ。

【続き】
○ゾンビ
まじ世の中にはこういうモノっているんだな、と思った出来事です。


子供の頃の出来事です。


その頃夏休みになると田舎のおばあちゃんちに帰省していました。


周りは山に囲まれた緑いっぱい空気のよい環境でした。


親戚の大人に車に乗せてもらいあちこち連れて行ってもらったものです。


山・川・林の自然世界。今では都会で仕事に追われる毎日で、

自然に触れる時間がなく当時が夢の世界のように思われます。


で、子供の頃の僕は地理に弱く

(現在でも地理は苦手だし車の運転免許ももっていない。)、

行った場所の風景とかは覚えているのだけど、

そこにどうやったら辿り着けるのかが思い出せない。


で、ある時親戚一同と川原へキャンプに行きました。


きれいな川で、周りには人がほとんどいなくて貸切状態でした。

【続き】
○扇風機の怖い話
737 本当にあった怖い名無し sage New! 2005/07/17(日) 00:57:55 ID:A0cw/mwnO
>>732
扇風機つけっぱなしで寝ると最悪氏ぬっていうじゃん。気を付けてね。
744 本当にあった怖い名無し New! 2005/07/17(日) 02:13:16 ID:R+K1u9No0
>>732

>737の補足
 扇風機を首振りなどせず、常に体に風を当て続けると凍死することもあるってことです

745 旦~c(・ω・c)))))Booon!! ◆GU33aNQoBo HAGE New! 2005/07/17(日) 02:15:41 ID:+DSRuxBc0
>>744
最近、韓国人がそれで死んだってさ
窒息死だとか

【続き】
○しっぺ返し
132 本当にあった怖い名無し sage 2013/03/05(火) 16:08:23.76 ID:W+5oB94M0
とある神社、深夜になって1人の学生が入り込んだとか
その神社はヤバイと有名で思慮の浅いアホやDQNが興味本位で這入り込んでは手酷いしっぺ返しを受けたという
こっくりさんみたく動物憑きにされたり、全身引っ掻き傷だらけになって逃げ帰りそのまま病院に担ぎ込まれたとか
学生としても神社に入り込むのは本意じゃない、寧ろ凄く嫌だった
それを知っていた上でクラスの猿山リーダーは放り込んだのだ

断ったらお前の友達に嫌がらせをしてやる、それが嫌なら夜になって肝試ししてこい
ご丁寧に入り口までそのリーダーの手下が見張りに来ていた
其奴の嘲笑を背に受けながら学生は必死になって参道を上がり神社へと入った

【続き】
○非通知

聞いた話なんですけど、ある時、Aちゃんの携帯に非通知で着信があったんです。
でもAちゃんは着信に気付かなくて不在着信になってたんですよ。
非通知だし、掛け直しも出来ないんで放っておいたんです。
それから数分後にまた非通知で電話が掛かってきた。
「もしもし?」
今度は電話に出ると、受話器の向こうからザーっていう雑音が聞こえてきたんです。
Aちゃんは何度呼び掛けても返事がないので切ってしまいました。
その日から毎日のように非通知で電話がきました。
電話に出ても雑音しか聞こえない。
さすがにAちゃんは気持ち悪くなって非通知拒否しました。

【続き】
○跳ねる男

75 本当にあった怖い名無し 2013/02/10(日) 02:59:36.11 ID:gyalK+Z50
>>72
わかった


まだ2012年の11月、その日は夜更かししてたんだ
それから眠気が来て寝ようとしたら16年間生きてて初めて金縛りに遭遇した
初めての恐怖で親を呼ぼうと思って叫ぼうとしたけど声が出せない

そう言えば金縛りって科学的に解明されてるんじゃないっけ、と不意に思い出すと力が抜けてすぐ寝てしまった

それから金縛りが幾度も多発するんだけど全然怖くなくなってむしろ楽しんでた

【続き】
○かみ合わない話

96 1 sage 2007/02/04(日) 12:54:28 ID:xh8aTdXi0
477 本当にあった怖い名無し New! 2006/04/15(土) 02:55:46 ID:a0wuvKxS0

私は、通勤に原付バイクを使用します。
その日、小雨がぱらついたので、駅まではバイクに乗り
それから電車に乗って会社に行きました。
親戚の同い年の子がいるのですが、そいつはクルマを利用します。
会社帰りにそいつと会い、車に乗せてもらい、バイクを置いてある
駅まで送ってもらう事になりました。
駅に着くと、バイクはありません。盗難だと思い警察へいこうと言ったら
親戚の子が『会社に電話したら?』と言います。
私は今日はバイクは駅に置いたと、確かなんだと訴えましたが
そいつはとにかく会社に電話しろといいます。

【続き】
○逆恨み


811 本当にあった怖い名無し sage New! 2012/08/17(金) 18:41:13.58 ID:7SbYCgdw0
爺ちゃんは当時すごい田舎の山村に住んでて
村にはあまり評判のよくない医者が一軒しかなかった
それで爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になって
しかたなくその医者に手術してもらったんだけど
膿の処置が悪かったとかで腹膜炎を起こしてしまったんだ
これは市の病院に運んで腸を出して洗うしかないということになったが
真冬で豪雪地帯なのでバスは動かないし鉄道は最初からない

けれど運のいいことに、たまたま村に陸軍の部隊が駐屯していて
事情を話したら馬そりにのせて市まで運んでもらえることになった
それで鎮痛剤を打って毛布でくるんでそりにのせたんだけど
ものすごい苦しみようで、のたうち回るようにして毛布をひっぺがしてしまう
それですごく村の医者を恨んで悪口を言い続けていたという
医者がちゃんと処置してればこうはならなかったのにっていう
逆恨みに近いものだったらしい

【続き】
○百日目

3 100日目 1/3 sage 2011/08/04(木) 11:37:17.73 ID:Eu5X0hWY0
先日体験した実話です。


出産後一ヶ月くらい義実家で世話になっていた。
義実家といっても夫の母(義母)の再婚相手の家なので、義父(超いい人)とは私も夫も血縁関係はなく
当然こどもとも血は繋がっていない。
けれども義父は実の孫かってくらいにものすごい子供をかわいがってくれている。

それから百日経って「お食い初め」をするために久々に義実家に泊まりにいったときのこと。
不思議な夢を見た。


【続き】
○黒田君の話
僕が彼に出会ったのは、高校1年生の時のことです。
一応政令指定都市ですが、都心ではありません。
家から歩いて3分以内に何軒かコンビニはありますが、全部ローソンです。
小洒落た雑誌に載っている服を買おうと思うならば、30分電車に乗って遠出しなければなりません。
僕が育ち彼と出会ったのは、そんな街です。
彼は全くもってごく普通の少年に見えました。彼は黒田硫黄のファンなので、黒田くんと呼んでおきます。
高校1年生にしては背が高く、色が白くて肌が綺麗な、ちょっと優男風の見た目で、
高校生らしく浮かれ騒ぎが好きで、ノリとテンションで生きているようなところがあり、
よく喋る、ごく普通の同級生でした。
今お話しようとしている事件?を境目に、僕と時々話すようになるまでは、
それほど気になるというほどの存在ではありませんでした。
それは体育祭の直後だった記憶があるので、一学期の終わりのことだったと思います。
クラスの奴らの顔と名前もほぼ一致して、中学時代の友人たちとだけ親しく話をする時期も終わった頃でした。
初夏の夜ももう更け、高校生が出歩くにはやや遅い時間、僕はその一帯では一番の繁華街を歩いていました。

【続き】
○おまじない
ついこのまえなんですけど、

読んでた小説が面白くって朝から起きてすぐに読み始めたの。


まあ、横の彼氏は普通にグースカねてて、

久々の休みなんでだらけようと思ったんだよね


そしたら、なんかきゅうにねむくなって、


「あれ、小説後ちょっとなのに。。。」むきー


とか思ってたんだけど、いつのまにか落ちちゃった。


それからどのくらいたってからなのか、

気がついたら、意識があるのに体が動かない・・・

【続き】

  • 最終更新:2017-05-23 08:28:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード