怖い話 その4

○自首した理由
695 叔父の話 2005/07/16(土) 18:58:03 ID:0jHumlCq0
それでは投下させてもらいます。

俺の親戚に元刑務官って人がいる。
その人が言うには、刑務官の仕事って受刑者を監視する事じゃなくて、受刑者に人の温かみ
を教えるのが本当の仕事らしい。
そんな叔父は時間があれば、受刑者の話を聞いていた。
話す内容のほとんどは、受刑者の犯した罪についてがダントツで
自首した受刑者なんかは、どうして自首するに至ったかを話すらしい。

その中でここの板に合う話があったので、投下します。

その受刑者をAとして話を進めます。

【続き】
○無意識の行動
969 本当にあった怖い名無し New! 2013/02/27(水) 07:44:59.43 ID:5oWV3i0v0
23歳の時、バイク事故で死にかけた(脳挫傷等で全治半年)。
7年経った今でも事故当日の記憶が戻らないんだけど、事故直前、俺は一緒にいた仲間4人に財布、ケータイ、グラサン、タバコをまるで形見みたいに手渡し、キョトンとする彼らに「バイバーイ」と笑って手を振って、バイクで走り去ったのだそうだ。


【続き】
○ジョンタイターの予言

2000年11月2日、米国の大手ネット掲示板に2036年からやってきたと自称する男性が書き込みを行った。

男性はジョン・タイターと名乗り、複数の掲示板やチャットでのやりとりを通じてタイムトラベルの理論や自身のいた未来に関する状況、未来人である証拠などを提示していった。


タイターは、最初の書き込みから約4か月後の2001年3月に「予定の任務を完了した」との言葉を残し書き込みをやめ、現在は消息を絶っている。

【続き】
○物乞い

938 続きます。① sage New! 2013/03/27(水) 18:06:03.57 ID:XMTvCNbI0
オカルトと言って良いかどうか判らない上に、「それはお前が悪い」と言われておしまいな気もするがちょっと書いてみます。
規制が心配なので大分端折ったら創作っぽくなってしまいましたが、文章のまずさはあんま気にしないでください。

もう大分前のことになるが、学生時代に一度だけ妙な体験をしたことがある。高二の春だった。
その日はたまたま早く帰ることが出来たため、ちょっと散歩でもしようと三つも前の駅で降りて知らない道を周って帰ることにした。

【続き】
○思い出の女

964 KS 2008/07/19(土) 23:42:08 ID:JMNwtzno0
ちょっと気になる事があったんで聞いてくれ。

先週5年ぶりに仲の良かった地元の連中とプチ同窓会でワイワイしてたんだわ。
そん時にふと、ある事を思い出したわけ。
それは中学2年の春休み。
その日も、いつものように意味もなくみんなが集まる公園に出向くと、
仲間の輪の中心に同年代の女がいたんだ。
どうやらその女は家出してきたらしく、あてもなくブラブラしていたら、ここの公園にたどりついたようだ。
それからその女は公園の滑り台(コンクリでできた中が空洞になってるのやつ)で寝泊まりするようになった。
容姿もかわいく、気さくなその女を俺達みんな好きになったんだよ。
仲間うちで本気で喧嘩の種になるくらいにね。

【続き】
○どうして

738 元パチンカス 2012/08/03(金) 14:47:10.51 ID:HDM4PvQO0
オカルト板初めてでスレタイだとどこに書けば良いのかわからなかったのでここに書きます


当時パチンコ以外に特に趣味もなかった残念な俺の経験談です

その日は仕事も休みで朝からガッツリパチンコ三昧の予定で
地方だがチェーン展開していて客つきもそこそこいい某店で打ち始めた

午前中に数箱出て機嫌良く休憩とって飯食いに行った
で、帰ってきてさぁ打つぞって思ったらさ、2つ左の小柄なおっさんが目についたんだよ

パチンコ打ってたら時々変な人は見かけるからある程度スルースキルも身についてるんだが
あからさまにパチンコ台のガラス部分に顔…ってか額をくっつけて
顔は下を向いた状態で何か1人でブツブツ言ってるんだよ

あーヤバい人いるわぁくらいの感じでちょっと気分悪くなりながらも再開し始めたんだよね
オッサンの両隣では普通にオバサンと爺さんが打ってて、神経太いなぁと思ったのを凄く覚えてる
というか、オッサンと俺の間にいたオバサンは1000近くハマってたから熱くなってそれどころじゃなかったのかも

で、少ししたら30前後の兄ちゃんがデータカウンター(台の真上にあるデータ表示機)見ながら移動してるのが目に止まった
スロットならともかく、パチンコのデータ見て何の意味があるんだよ
って思いながらチラチラ見てたら、そいつがさっきの危ないオッサンの座ってる台のデータも見てるんだよね

いやいや、いくら下向いてて気付かないかもしれないからってそれはどうなの
って思ってたんだがオッサンは相変わらず額を盤面のガラスに付けてブツブツ言ってるんだよ
しかも良く見たら台打ってないんだよね上皿に玉も出てないし


【続き】
○普通と違う熊


31 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/12/11(木) 21:16:15.96 ID:p9vs/2oY0.net[1/2] 初めまして。某サイトでこちらを知り、訪問させて頂きました。
怪談慣れしている皆さんにとって、どの程度の怖さになるか分かりませんが、俺が中学生の頃、列車で会って仲良くなったご老人から聞いた話を書き込ませて頂きます。

ご老人の住む村は「マタギ集落」と呼んで良いぐらい、多くのマタギが住んでいます(今現在は、どうなってるか分かりませんが)。
山の事に精通し、大きな熊と相対するマタギは度胸も人並み以上なのですが、そんな彼等でも怖れる存在があって、それは「普通と違う熊」なのだそうです。。

【続き】
○ヒギョウさま(言わし鶏)
今はもう廃業していますが、私の母方の実家は島根で養鶏場をしていました。
毎年夏休みには母親と姉、弟、私の4人で帰省していました。父は仕事が休めず毎年家に残っていました。
母の実家は島根県の邑智郡と言うところで、
よく言えば自然豊かな日本の原風景が広がる土地、まあはっきり言って田舎です。
そこでいつも一週間くらい滞在して、お爺ちゃんとお婆ちゃんに甘えながら楽しく遊びました。
田舎のことですので、お爺ちゃんもお婆ちゃんも朝がとても早く、夜がこれまたすごく早い。
朝4時ころには起きて、一番鶏が鳴く前に養鶏場の鶏に飼料をやり始め、
そのまま糞をとったり玉子を回収したり孵化器を見たりの作業をしつつ、畑の手入れをし、
夕方の5時ころには作業をやめて夕食、そして夜の7時ころには晩酌のビール片手にうつらうつらし始めるのです。
自然と私達も夜の8時ころには布団に入るのですが、そんな早くから寝られるものではありません。
布団の中でその日行った川での出来事や、明日何をしようか等考え始めると目が完全に冴えてしまい、
寝られなくなりました。
夜中、真っ暗な天井の梁を見るともなしに見ていると、
私達の居る居間の隣、お爺さん達の寝ている六畳間のふすまが開く音がし、
廊下をギシギシと誰かが歩き、玄関をあけて出て行きました。

【続き】
○引き戸
俺が小6の頃まで住んでいた東京下町のマンション、空襲の跡地で地縛霊が 

そっちこっちで見かけられると、一部の住民のあいだで噂されていた。

以下、俺が小2の頃の実話。説明がくどかったらスマソ。


親父と風呂に入って、上がったら足拭きマットのところに飼い犬が寝ていた。


犬は父のことが大好きで、父の入浴中も近くにいたがることがよくあるのだ。


風呂場の前は洗面所なのだが、そこに入るには引き戸を開けなくてはならない。

【続き】
○時間限定金縛
731 本当にあった怖い名無し New! 2005/07/16(土) 23:54:35 ID:StRbMfAk0
先日、残業で遅くなった帰りの電車(PM11時半頃)で窓際に座り
外をぼんやり眺めてたらフッと何か白っぽいモノが窓の外を横切ったような気が
・・と同時にゾクッと悪寒が走り、周りの物が赤っぽく見えてしまう

【続き】
○助けを求める子供
26 本当にあった怖い名無し sage 2013/02/28(木) 20:13:02.07 ID:xpr9FIl00
.
けっこう前に近所の家が火事になって
火のまわりぐあいとかが気がかりだったんで見にいった。
火事になった家はちょっとした資産家で大きな家だったせいもあって
火のまわりかたは激しいものがあった。野次馬も多くいた。
玄関から少しはなれたところではススで黒くなったガウンを着た
その家の住人とおぼしき夫婦が近所の人の介抱をうけていた。

【続き】
○電気

数人で先輩の家に集まり、飲み会をした帰り道。
ふと先輩の家に忘れ物をしていることに気付いて、急いで取りに戻った。

酔い潰れてそのまま寝てしまったのか、
部屋の鍵は開いたままで中も真っ暗だった。
入り口から近い場所に置いてあったので忘れ物はスグに見つかり「寝ているのに起こすのは悪いかな…」と、そっと部屋から出ていった。

【続き】
○実験

944 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/03/27(水) 19:37:27.53 ID:l8f6vBXPT
人形供養をしている寺から無理を言って市松人形を譲り受けた。以下実験記録。

●目的
人形に霊が宿っているという推測を立て、それが物的な霊か生物的な霊かを問わず、あらゆる手段を講じて心霊現象を誘発させる。

●実験一 暗示
ICレコーダーに「お前は生きている」と吹きこんでリピート再生。人形と一緒に箱入れして押し入れにしまう。

結果 変化無し。

【続き】
○白ん坊

731 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/28(土) 10:39:21.88 ID:/1er3RsM0.net
ほんのりよりは怖いと思うけれど、洒落にならない程ではないと思うお話投下します。
かなり長文になってしまう事お許しください。

時期や場所は詳しく言えないけれど私の父の実家がある場所にまつわるお話。

父の実家はとにかくドがつく田舎、集落には両手で数えきれるほどしか家が無い。
山の奥なので土地だけは豊富にあったが、買い物や病院に行くにもバスを乗り継いで
半日はかかるという恐ろしい土地だった。

【続き】
○シャワーの音

29 本当にあった怖い名無し 2013/09/23(月) 21:15:40.64 ID:E/t9yof50
一昨日と昨日、用があって都内のホテルに泊まっていました。
一昨日の深夜二時頃、隣の部屋からシャワーの音が聞こえてきました。
それぞれ色々と都合があるだろうし、さして気にもせず、音が聞こえる中、その日は眠りにつきました。

そして昨日、都内での用事を全て済ませ、ホテルに戻りました。確か九時頃だったと思います。
部屋で夕食を摂っていると、また隣の部屋からシャワーの音が聞こえてきました。
それがいくら経っても鳴り止まないのです。まず三十分くらいで少し長いかな?と思いました。
しかしそれは序の口で、一時間経っても鳴り止みませんでした。一時間半経っても鳴り止まず、
二時間が経とうかという頃にようやく鳴り止みました。もう日付が変わっていました。

前の日に部屋を変えてもらわなかった事を少し後悔しましたが、
次の日(今日)は早く帰らなければいけなかったので、もう気にしても仕方ないと思い、
少し苛立ちを感じながら眠りました。

【続き】
○贈り物

143 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/07(水) 11:04:41.72 ID:AGmZi4d+0.net 婆ちゃんが娘時代の話

父親(俺の曽祖父)が、近所の衆とキノコ狩りに行った
車一台出して、荷台に乗り合って行くことが多かったらしい
キノコや山菜を採って弁当食べて又採って、おやつは帰ってから食って収穫物を分け合う。と言う日程


【続き】
○真夜中の訪問者
私は父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。(現在は結婚して、家は出ていますが)
私がまだ母と暮らしていた、17歳の頃の事です。
夜中の3時ぐらいに、ピーーと玄関のチャイムが鳴りました。
丁度その日は母と夜中までおしゃべりをしていて、二人とも起きていました。
「こんな遅くに誰だろね」なんて話しつつ、私が「はい」とインターフォンをとりました。
そうすると女性の声で、「あの…あの…突然すみません…。今晩、あの…泊めて頂けませんか」と。
声の感じでは40代ぐらい。
その妙におどおどしていた感じが気になって、
「え?泊めてくださいって母の知り合いの方ですか?」と聞き返しました。

【続き】
○居酒屋
会社の先輩から聞いた話。 


彼がさる田舎の町へ出張に行った時、仕事が早く済んだので飲みに繰り出したそうだ。

2軒ほどハシゴしてほろ酔い気分になった彼は、酔い覚ましにぶらぶらと散歩を始めた。


小さな町なので、中心部を少し外れると建物もまばらになり、明かりといえば、ぽつぽつと灯っている街灯と月明かりだけになった。


しかし、普段都会で仕事をしている彼にとってはこうゆう雰囲気も悪くなく、気持ちよく散歩を続けたそうだ。


あても無く歩き回っていると、前方に明かりが見えてきた。


どうやら居酒屋のようだ。

【続き】

  • 最終更新:2017-05-23 08:27:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード