怖い話 その34

○コンタクトレンズ

275 名前:夏の夜の実話 投稿日:03/09/18 19:11

あのさ、俺この前スッゲー怖い目にあったんだよ。

夜1時だか2時だか知らないけど、なぜかこの時間にふと目が覚めたんだよ。
それでさ、俺コンタクトしたまま寝ちゃったと思って鏡の前に行ったんだ。
ソフトコンタクトレンズのケース持って。

ほら、コンタクトって、普通は目の端を指で持ち上げて、まぶたにレンズを引っ掛けて取るじゃん?

でもいつもそれなんか面倒くさくて、そのときは直接目の中のレンズをつかんで取ろうとしたの。その方が早くレンズが取れるし、眠いし早く取ろうと思っちゃったわけ。

で、こう…指で軽くレンズを引っ張ってみたんだ。
まぁ、ここまでは普通じゃん。

【続き】
○メル友



249 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2000/08/11(金) 11:51
ちなみに、マジ体験
結構前に「染んだHPの管理人からメールが来た」とかいう噂があったけど、それに似てるかな・・・
ネット上だけの知り合いだけど、すっごい仲が良くて、親友って呼べる奴がいたのね
んで、テレホの時間中バカ話したり、マジで悩んでる時なんかは相談に乗りあったり
そんな時、そいつが全然Qにも上がらなくなって、メールを出しても返事は来ない、いつも来てるチャットにも来ない、って状態になったわけ
で、音信不通になって一ヶ月くらいして、いつものようにネットに繋いだら、Qにメッセージが一言だけ「ありがとう」って入ってたの
それでもこっちからは全然連絡取れなくて、「こりゃいくらなんでも変だ」って思ったんで、
夏休みには実際会おう、って話してて住所は聞いてたから、連休を利用してそいつの家まで行ってみたの(同じ九州でそんなに遠くなかったからね)

【続き】
○洒落にならないイタズラ


体験談というより、洒落にならないイタズラなんですけど……。

私が厨房の時の話です。
ちょっといろいろあって、当時から心霊現象体験希望者でした。

ある夏の日、私はK県のとある山中のちいさな神社の前にいました。
古い日本風の神社のミニチュアみたいなもので、1m四方くらいのものです。
正面に観音開きの扉があり、鍵がかかっていなかったので、開けてみました。
中にはちゃんとご神体が飾ってありました。

【続き】
○姉さんビル

451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :2001/05/22(火) 23:05

つくば市に昔『姉さんビル』とか、『姉ビル』と言われている建物がありました。

10何階か建ての公務員官舎で、同じ形をした建物が何件も建っています。

そのうちの1棟の壁いっぱいに『姉さん』と書いてあると評判になりました。

(見物人が沢山くる、といったことはありませんでしたが)

何度補修して壁を塗り直しても、『姉さん』と書いてある部分だけがはがれ落ちてくるというのです。

原因は姉弟の弟が交通事故で亡くなったから、などと言われていましたが、

本当のところははっきりしませんでした。 (もとになるような事故は無かった、と言われています)

私が大学生になったときはまだその壁はそのままになっており、

実際に見に行ったところ、本当にくっきりと『姉』と出ていました。

【続き】
○リアル怪談



631 名前:631 投稿日:2001/07/22(日) 07:29
あれは、半年ぐらい前の話になります。

あの頃も今のように俺は怪談に嵌っていました。そのときは親友と言っていいぐらいに仲のいい友達と一緒になって、オカルト雑誌を買い漁ったり、オカルト番組を夢中になって見入っていたりしていました。

そんな仲のいい仲間内の一人に、とても恐がりで怪談なんかするとかなりオーバーなリアクションをするYという奴が居たんです。

そいつをからかってやろうという話になるのは、自然の流れだったと思います。

計画なんて言うほどのものじゃないけど、大体こういう風にやろうというのはすぐに決まりました。

まず友達のKがYの家の屋根に昇っておく。それを確認したら、俺がYの家に遊びに来たと偽って入る。そして用意した怪談をどんなに恐がっても無理に聞かせる。それはこんな内容です。

【続き】
○汽笛の音

106 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:3) New! 2013/01/21(月) 14:47:04.13 ID:4LtlLk7k0
学生時代の話。
地方の大学で下宿することになった俺は、引っ越しの準備の為母を乗せて車を走らせていた。
時間は深夜0時をまわっていた。
ラジオをかけながらダム沿いの山道を走っていると、突然母が「汽笛の音がする」と言い出した。
怖がりな俺をビビらせる為に冗談でも言っているんだろう。
そんなことを思いながらラジオの音量を絞ると、確かにホー、ホーと汽笛のような音が聴こえる。

【続き】
○深夜放送

俺が小学校五年のころ

皆で肝試しをやろうということになった。


クラス内外を巻き込んで話は段々大きくなっていき、

最終的には保護者の同伴を条件に

夜中の体育館での開催となった。


俺も親友三人グループと

その親とともに学校に向かった。


心底後悔する事になるとも知らずに。


集まった生徒、保護者は各々怖い話を始めた。

【続き】
○スーパーマンの呪い

スーパーマンの派生作品に関わった俳優やスタッフの身の上に様々な災難が降りかかるそうだ。代表的な例を幾つか挙げると、

1951年の映画「スーパーマンと地底人間」そして連続テレビドラマ「スーパーマンの冒険」でスーパーマン役を演じた「ジョージ・リーヴス」は、この作品に登場して以来、「スーパーマン」のイメージが強く付きまとい、他の役が付かなくなってしまった。

1959年6月16日、彼は数日後に結婚を控えていたにも関わらず、自室でショットガンによる射殺体となって発見された。

【続き】
○神と悪魔の戦い

456 夏鈴 ◆KARIN/OTu. sage 2005/07/23(土) 23:19:09 ID:4Y5D/hXc0
こんばんわ。夏鈴です。
私の叔父ですが、5年前くらいから霊感がとても強くなり、様々な怪奇現象を体験するようになりました。
叔父の家に遊びに行くたびに不思議な話を聞いたりするのですが、今までに聞いた話の中で最もスケー
ルが壮大な話をします。↓

458 夏鈴 ◆KARIN/OTu. sage 2005/07/23(土) 23:45:32 ID:4Y5D/hXc0
3年くらい前のことです。
叔父は親戚数人と中国旅行に行きました。
5日ほどの滞在の後、上海から日本への帰りの便に乗ったそうです。
席は窓際で、窓からは飛行機の翼が見えました。


【続き】
○自殺者の写真



392 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2000/08/22(火) 10:20
昔、さんまが笑っていいともに出てた時にカメラマンの話をしてたが、あれは怖かった。

394 名前:392 投稿日:2000/08/22(火) 13:26
アメリカ人のカメラマンとモデルが南アフリカの湖に写真集を撮りに行った時の話。

その湖の手前は平地だが奥にはかなり高い断崖絶壁があり、カメラマンは断崖絶壁をバックにしてモデルの写真を撮り始めた。
モデルの後ろに湖と断崖絶壁、その構図でシャッターを押していると、突然ファインダーの中に一人の人間が湖に落ちていく姿が飛び込んできた。
慌ててカメラマンは湖に落ちていく人間の方を追いかけてシャッターを押し続けた。

【続き】
○エクソシスト

327 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/04/16(火) 03:24:56.74 ID:bbUo9sbH0
うん、ほんのりどころか怖くないね。なので、お詫びに自分はそこそこ怖った話を一つ。
自分は現在、宗教学の大学院生で、キリスト教系が専門。
なので、神父さんが先生なんだが、その1人が怖くて不気味な目に遭った話を教えてくれた。

【続き】
○イボの花

母方の伯父が昔してくれた話なんだけど。

イボの花ってのがあるらしい。
体に出来たイボにこう、花が咲くみたいにパカって裂け目ができることを言うそうだ。
昔は、急にできたイボに花が咲いたら、近くの人間に不幸があると言われていたらしい。
聞いたことがないから、叔父のいた所独特の風説かもしれないけど。

で、伯父が小学校の頃、右手の二の腕に急に大きなイボが出来た。
そして、すぐにそれが真ん中から十文字に割れた。
それを見て彼の祖母が『イボの花』の話をしたところ、伯父はバカらしいと鼻で笑ってたんだって。

【続き】
○ゆきは…

この話は誰にも話したことがありません。
こうした掲示板だからこそ話せるというか・・・
長くなりますが、とにかく聞いてください。

私は大学最後の夏に、サークル仲間と伊豆大島にいきました。
仲間の一人の実家が民宿をやっているので、そのツテです。

初日二日と王の浜や弘法浜で泳ぎまくったあと、三日めは三原山をメインに島の観光スポットを回りました。
その夜のことです。
相当疲れていましたが、怪談話大会をすることになりました。
中心はもちろん地元のUです。

【続き】
○母親を殺す夢

皆さん。思春期に見る夢には、大人になって見る夢以上に意味があるって知ってました?
私はこの話を友人にし、その友人から上記の事を教えてもらいました。

私が中学生の頃。4夜続けて、連続した夢を見たことがありました。

<1夜目>
無性に腹立たしく、母の殺害を決心する。
母の事を考えるだけで、体がぶるぶると震え涙が出てくる。
『母を殺さなければ、これから先生きていくのが辛い。あいつのせいで私は駄目になっている』
と、夢の中で感じていました。
(ちなみに。実生活での私と母は、別段憎しみ合うような関係ではありませんでしたよ!
 私が反抗して叱られる事はあっても、夢のように体が震えるほど憎いと思った事はありません)

【続き】
○独り言多いよ


高3になってすぐ春だか夏だかの週末だったと思う。
自分の部屋って割と大きいから、壁の1面は本棚で埋めてたのよ。軽く小さな古本屋やれるくらいの量。
田舎だったのもあって、外に出るよりは家で本読んでる事のが多かったんだけど、その日は本当に狂った様に本読んでたのを覚えてる。

シリーズ物の小説を初めから終わりまで読んでて、次の巻をとろうとしたんだと思う。
本の入ってた隙間から、凄い楽しそうに笑うお面が覗いてた。
驚くって言うよりも呆気にとられて、持ってた本を落として、その音と同時に消えた。
「うわあ・・・」って感じで、本そのままにして親のいる部屋に行ったら、「友達来てんのか?あんまり騒ぐなよ」って言われた。
ウチの構造上、2階に上がるには居間通らなきゃなんないし、何より朝から一人だったんだけど。

【続き】
○偶然

429 :偶然1:2009/05/04(月) 15:40:24 ID:a4hgF4Zj0

私の体験談です。かなり長文で読みずらいかと思いますが、興味のない人はスルーでお願いします。

最初の事件は、俺が中学卒業を控えた三月に起こった。
今でも昨日の事のように覚えてる。

三月四日、俺は友人と卒業旅行の計画を立てた。
この時のメンバーは俺を含め5人。ここでは友人A、B、C、Dにしとく。
皆いつも一緒に遊んでて、とても仲が良かった。…と言いたいが、AとCはそれほどでもって感じだった。

【続き】
○ストーカー相談

俺は親が5店経営してる飲食店の一つを担当している2代目なんです。
担当している店はちょっと洒落た喫茶店って感じで、バイトの子もターゲットの層に合わせて若い子を雇ってます。
大体10代後半から20代前半ばかりで、俺が半分用心棒みたいな感じ。

1週間前、女子大生のバイトのIさんが「相談があるんでちょっといいですか…?」と聞いてきたんです。
二人で事務所の奥の方に移って話を聞くと、「私、最近ストーキングされてるみたいなんです…」との事。

若い子ばっかりなので、接客サービスで勘違いした奴等も多く、今まで似たような事も何度かありました。
Iさんが言うには、アパートの周りをウロウロしたり、バイト後尾けられたりしてるらしい。
気持ちが悪いし怖いけど、実害がまだ無いから警察にも届けにくいそうです。

【続き】
○幽霊馬騒動

600 本当にあった怖い名無し 2014/03/17(月) 02:45:38.77 ID:XEcNLV860
あんまり怖くないかもしれないが動物がらみのお話し
学生時代の話です
うちの学校は世間では世間では珍しく馬術部があり、校内に厩舎と運動用の馬場がありました。
(銀の匙みたいな感じ)
厩舎には夜に世話をする人のために宿泊施設があり、交代で部員や顧問が泊まっておりたえず誰かがいる状況でした
そこは一階が厩舎、二階が宿泊施設で二階で寝ていも馬のいななきが聞こえてくるような所です

【続き】
○継承

829 本当にあった怖い名無し 2009/08/24(月) 04:23:45 ID:F2cAW3VfO
洒落にならないまでかは分からないがひとつ

島根県のある地方で。
現在二十歳の自分はほとんど山の中に住んでいる。
普通山の麓や悪くても道の通った中腹に住むのが一般的だ。
何故か我が家は寺や林業に従事している訳でもないのに頂上付近の山中に家が構えてある。
幼い頃からだったので特別不思議はなかったし、逆に見晴らしのいい場所で嬉しかったもんだ。


【続き】
○鋭い目つきの女

3年前の事です、私は妻と長男3歳と温泉宿に一泊旅行に行ったのでした。
夕食前に大浴場で一風呂浴びて・・・
妻が出てくるのを長男と宿屋のお土産コナーで待っていた時の事です。
『家に火をつけるわよ・・・』
と言う声を聞いたのです。
ふと、私が声がしたあたりを見回すと
男女が二人たっていました。
どうやら、女の人が男の人に言ったセリフのようでした。

【続き】

  • 最終更新:2017-06-22 08:02:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード