怖い話 その28

○応急処置

490 本当にあった怖い名無し 2014/02/09(日) 10:58:35.78 ID:eIijfNJi0
未明の真夜中、ふと目が覚めたら、ベッドの横に誰か立ってた。
ん、と見上げると、長い髪の女なんだが、顔の左目あたりの皮膚が剥け
目玉がぶらさがっていた。
ブラウスとスカートの服もボロボロで汚れてた。
うぎゃあ~と飛び起きてベッドの端(壁際)に逃げてガクブルしたが
女はただつっ立ってるだけで、まともな右目でこっち見てる。
恨めしいとか何か訴えるとかの雰囲気は感じなかった。

【続き】
○母親の助言

俺の母親は何事においても適当な人で、そして時々ぶっ飛んだ事を言う人だった。

小学校時代、兄妹で軽くイジメに遭っていた。
お互いに慰めあっていたのでなんとか登校できてる、そんな状態が続いた。

やがて中学にあがった自分は剣道を始めて苛められなくなり、まだ小学校の妹は相変わらず苛められるという状態。

余り頼りには出来ないとわかっていたが、妹が可哀想なので母親にも話をした。

母親は自分達が苛められてる事はその時が初耳だったようでビックリしていたものの、深刻そうな顔はしなかった。

【続き】
○神罰

575 本当にあった怖い名無し sage 2009/03/09(月) 23:48:31 ID:9d1rrb76O
数年前の話だ
当時、高3で大学受験だった俺はセンター失敗で急に焦ってしまい、勉強するよりも神頼みにはしったのだった(アホすぐる)
俺は近所の白山神社に毎日朝・昼・夕とお参りし受験成功を祈願した(勉強もした)
しかし受験は失敗してしまった・・・
普通に考えれば俺が悪いに決まっているが、なぜかここで俺は神社の霊験に疑義を向けたのであった
俺は毎日お参りしていた白山神社の霊験がどの程度の物なのかいちど試してみようと考えた
やり方は神社内の物を盗んで神罰が当たるかどうか試すという方法である(当時かなりヤケクソだった)
俺はさっそく神社に行って拝殿横の祠を見てみると、木箱と平たい石が置いてあったので石の方をを奪いとった
しかる後、拝殿で「ここの神に力があるなら一週間以内に俺に神罰をあててみろ」と宣告した
俺は盗ってきた平たい石を自転車の荷台に紐で固定し悠々と神社をあとにした

【続き】
○ピエロ

かなり前にテレビでアイドルがしてた話。
うる覚えなんで多少脚色。
      • --
彼女が幼いころ親戚から2体のピエロの人形をもらった。
もらった当初は大変気に入ったのだが
だんだんその2体のピエロ人形を薄気味悪く感じ
やがてそれを持っているのも嫌になった彼女は
その2体の人形を近くの公園の砂場に埋めたのだった。

【続き】
○赤いおんな

俺の唯一の変な体験『赤いおんな』

中2の時、2階の部屋でカーテン閉めて、弟とタバコを吸っていた。
クソがしたくなったので俺はトイレへ行った。

そしてトイレから戻ると、弟がカーテンのスキマから外を見ている。
「どうした?」と俺が聞くと、「兄貴、あの女だ。きっとそうだ」と言う。
俺がこっそり覗いてみると、赤いセーター・赤いスカート・赤いカバンを持った女がこちらを見ている。
(カーテンで俺たちは見えるはずがないのに)
しばらくこっちを見ていると、ウチの犬が吠え出した。
すると女はスタスタと歩き去っていった。 

【続き】
○お面と女

あれは三年前で、俺が大学4年生のころ。結構早く内定が出たから、遊び回ってたんだよねww
彼女とか友達と毎晩遊んでたんだけど、ある時なんだかみんなと予定が合わない日が続いたんだよね。
まあ、暇になったってこと。
ほんで、もうすぐ夏休みだったし、久しぶりに爺ちゃんに会いに行こうと思って、母方の田舎に行ったんだ。
これがすごい山奥なんだよねwww
どこかは伏せるけど、とにかく田舎よ。全然、外灯とかも無いわけ。
そこに一人で行ったんだよ。
電車に二時間半くらい乗ってさwww
爺ちゃん家に着いたのはもう夜だったな。
ほんで、全然話が変わって申し訳ないんだけど、爺ちゃんの家はすごい古くてさ。

【続き】
○幽霊の声

エレベータに乗ると幽霊の声が聞こえるって噂のマンションがあった。
そのマンションでは、誰かがエレベータに乗ってる時にどこからか声が聴こえてきて、
「おやじ」とか「いないのに」とかぼそぼそ喋るらしい。
声は男性の低めの小さな声で、聞き取りにくい感じで喋るらしい。
何回か同じような声を聴いた人がいて、最後に聴いた人の話では、「おやじ」って繰り返し呟いていたらしい。

その内、エレベータの幽霊のお祓い?お清め?を行ったらしい。
それからしばらく声は聴こえなくなったらしい。
だが、しばらくして、
またエレベータで前よりゆっくりしたくぐもった声で「お や じ」っていう声が聴いた住人が出たらしい。

【続き】
○きまり

平成10年9月10日、O県H市にある廃虚に肝試しに行ったのがことの始まりだった。
見なかったことにしようという暗黙の了解がいけなかった・・・

当時、私とA、Bの私達3人は、ドライブがてらよく心霊スポット巡りをしていた。
問題の場所は有名なところで、多くの人達が連日連夜訪れ、
心霊スポットというより、何時の間にか一種の溜まり場となっていた。
その建物は2階建で、強盗殺人によって廃虚となったと言われていた。
一階には3つの部屋(食卓、応接間、仏壇の置いてある部屋)があり、
床にところどころ穴が空いている以外、各部屋は全体的にきちんとしていた。

【続き】
○据え膳

166 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/04/01(月) 22:12:24.89 ID:i4bKO5+t0
前に友達に聞いた話。

そいつはバイクが好きで、週末は山道を走ってるんだけど。
ちょいと広めの道路に出たんで、脇に止めてタバコすって景色をながめて休憩。
アスファルトに座り込んで、携帯灰皿にポンポンしてると、軽のワゴンが自分の前で
止まり、車から降りてきた壮年の親父が「すみません、ちょっといいですか?」と
言って来た。

【続き】
○誰かに会ったら



200 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2000/08/08(火) 11:33
例によって、何人かで集まって怪談話しをしているとき、
そのうちの1人が言い出しました。

「今から話す方法で、自分に霊感があるかどうかが解るんだって。」

「まず頭の中で、自分の家の自分の部屋にいるイメージを思い浮かべて、
 そして、そこから順番に全部の部屋を覗いて回っていって
 もし、その途中で、どこかの部屋で、自分以外の誰かに会ったら、
 霊感が強くて、見える時には見えちゃうんだって。」

【続き】
○自称霊感少女

335 本当にあった怖い名無し sage 2005/07/22(金) 12:05:21 ID:tDVbbYjI0

逢魔が時

幼馴染の彼女は自称、霊感少女。
私は、彼女と一緒に中学校から下校している。
もうすぐ逢魔が時。
夕日が絵の具を溶かしたように赤く、
それがゆっくりと山の向こうへと沈んでゆく。

彼女は、自分だけに見える霊の話をしている。
やたらと『いかに自分に霊感があるか』を言いたてる。
あそこの窓に白い女の顔が映っているとか、
あの友達にはおばあさんの守護霊がついているから成績がいいんだとか…。
もちろん、そんなものは私には見えはしない。
「でも、みんなあたしのことウソツキだって言うんだよね」
彼女はそう言って「あーあ。損な体質~」などと、ため息をつく。

【続き】
○パート不倫

世界同時不況が日本経済を襲うまで、労働現場には外国からの労働者の流入が続いた。

特に日系○○人は過去に戸籍を有していた日本人と遠い血縁関係にあることで定住ビザを取得し易く、合法的に就労できるという利があるため多くの方が就労していた。

職種は多岐にわたり、精密機器の下請け製造や、花卉・魚介の選別箱詰め・・・
そのひとつにコンビニ弁当の製造がある。

製造現場には外国人労働者の他に、日本人のパートタイマー(主婦層)もお勤めしているが、その奥方と○○○ル人青年の不倫が思わぬ問題になっている。

【続き】
○強い子

私は幼稚園の先生をしています。


私が受け持っていた桃組にAくんとBくんがいました。


ある日の事。


AくんとBくんは一緒にアスレチックから落ちてしまいました。


しかし、怪我はたいしたことがありませんでした。


ずっと泣き続けるBくん。


Aくんは全く泣いてません。


【続き】
○悪い噂が流れる場所

34 悪い噂が流れる場所 sage New! 2013/01/20(日) 03:42:59.64 ID:cW4YyZbr0
長文ですが、お付き合い頂ければ幸いです。

これは私が高校生の頃に体験した話です。
確かあの日は冬が間近に迫った頃だったと思います。
私の通っていた高校は、授業が少しだけ多めで、全ての授業が終わると午後の6時半を過ぎる日があった。
そんな日は、部活もやらずに同じ地元の友達とすぐに帰っていました。
その日も授業が遅く終わる日で、同じ地元の友達と話ながら帰っていた。
道中で友達と別れて、そこから一人で帰ることになる。
友達と別れてから少し歩くと歩行者専用の踏切があり、踏切を渡って少し歩くと自宅に到着する。
この歩行者専用の踏切というのが、アスファルトで舗装されており、人がギリギリすれ違える程度の道幅しかない小さな踏切だ。

【続き】
○芥川龍之介の死の謎



475 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/07/12(木) 18:00
芥川龍之介の死の謎

芥川は、ドッペルゲンガー(もう1人の自分)を見ていたらしい。
雑誌の対談などでも、それについての話を何度もしている。
芥川は、未発表で未完の小説を書いていた。タイトルは、

『人を殺したかしら』

青年が人を殺す夢を見る。だが、その事件は翌朝になると実際に起こっている。
しかも夢で殺した被害者と、実際の殺人事件の被害者はとても良く似ている。
しかも事件は、全て自分の近辺で起こっている。
青年は「もしかしたら、本当に自分が殺しているのかも」と、悩み苦しむようになる。
そしてそれは「もう1人の自分がいるのかも・・」という悩みへ変わっていく。

【続き】
○閉じ込めた悪夢

472 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/05 01:18

10歳の頃、2,3週間くらいだが、ひどい悪夢にうなされ続けたことがある。

子どもの時だから記憶が釈然としないのだが、母の話では、毎晩絶叫しながら床を転げ回って、喉をかきむしっていたという。

朝起きたら寝汗をぐっしょりとかいていた。
これが一晩ならいい。
毎晩続くのだ。

寝るのが本当に怖かった。
あっという間に寝不足になった。

骸骨のように痩せて、顔色が粘土のようになった。
医者や霊能者に診てもらったのだが、原因はまったくわからない。
相変わらずのたうち回る夜が続く。

だから両親も痩せた。
二人の方がよっぽど病気じゃないかと俺が思ったくらいだ。

【続き】
○リンカーンとケネディの奇妙な相似

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :2001/04/15(日) 12:41

JFKとエイブラハム・リンカーンの一生の奇妙な相似

リンカーンは1846に下院議院に選出された。ケネディは1946に下院議院に選出された。

リンカーンは1860に大統領になった。ケネディは1960に大統領になった。

LincolnとKennedyはどちらも七文字である。

どちらの妻もホワイトハウスで一度、ホワイトハウスを出てから一度子供を亡くしている。

どちらも南部出身の大統領が後を継いだ。

どちらの後継者の名前もジョンソンだった。

リンカーンの後継者、アンドリュー・ジョンソンは1808に生まれた。

ケネディの後継者、リンドン・ジョンソンは1908に生まれた。

【続き】
○恐ろしい悪戯


そんなに怖くないですが事実と言うことで

俺は施設警備員をそこそこやってるんだけどね。
いわゆるそういった霊体験はしたことが無い。
よくこういったトコでも警備員が遭遇する話はよくあるんで、
警備やる際に気になったりしなくも無かったけどね、残念なのか幸せなのか。

それでも医大の警備ともなると中には相当不気味な部屋もあって、
巡回しなくちゃならんとはいえ解剖室とかは行きたくないもんだ。
夏場の時期には生徒達が2週間ほどかけて献体を解剖する授業があり、
その間はその解剖中の献体に青いビニールがかけられた状態で
ズラリ並んでるのだから嫌な意味で壮観と言うほかない。
霊はさておいても昼間でも行きたくない。

【続き】
○次はおまえだよ



209 名前:きかんしゃとおます 投稿日:2000/08/08(火) 23:06
10・くらいの人間の話らしいものと言えば、こんなのがあるじょ。

 ある4人家族がとある地方の旅館に宿泊。深夜に娘か母親が
トイレで惨殺されているのが発見された。

 全身を刃物で滅多刺しにされ、顔面は誰だか判別がつかなくなる程
斬り付けられていた。死体には舌がなかった。
トイレには格子のついた幅30・、高さ10・程の窓と小さな通風孔があったが、
とても人の入れる大きさではない。
 カギもかけられていた。誰がどこから侵入してきたのか・・・。

 警察はその旅館を経営している夫婦、その息子、近辺の変質者などを
聴取したが、現場が密室だったこともあり、迷宮入りになるかと
思われたが、ある日、旅館経営者夫婦に付き添われたその息子が署に出頭。
 「近所の目もあり、なかなか正直に話すことができなかったが、
とんでもないことになったので、お話します」

【続き】

  • 最終更新:2017-06-10 19:47:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード