怖い話 その22

○防空頭巾と水死者

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/11/28 13:26

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?6

805 : 805(1/2):2001/07/28(土) 19:51

毎年この時期、水難にあって死ぬ人はやっぱり多いらしい。

で、海で溺れかけたけど、なんとか生還した女の子がちょっと前にいたんだって。

その人は浜辺に戻ってきて、めちゃくちゃ震えてたんだって。

まあ一回溺れたら分かるけど、確かにめちゃくちゃ怖いもんな。

でも、その種の震え方じゃなかったんだって。

どうにか落ち着いた彼女が語った話はこう。

【続き】
○お払い

477 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/10/09 12:39

俺が小学生の頃の話です。

小学3年の頃、祖父が亡くなり祖母と同居することになった。
その頃から俺は3日に一回は激しい頭痛と嘔吐を繰り返すようになった。

医者に行っても原因が分からなかったが祖母が何かを唱えると不思議とよくなった。
そんな状況が半年ぐらい続いた頃、父が知り合いのお坊さんに頼んでお払いをしてもらうことになった。

【続き】
○水子



362 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/07/11(水) 04:20
私が彼氏の家に住みついていた時の話しです
ある夜、寝ていたら肩を揺らされて 知らない女の子が
『お姉ちゃん、私のお母さん知らない?』と聞かれて 知らないよ
って答えたら『ふ~ん ここにいるって聞いたんだけど・・・』
と言って女の子はいなくなって また眠りにつきました
朝起きて、あ~昨日なんか変な夢見たなぁ~気色悪~
その夜、また肩を揺らされて『お姉ちゃん、私のお母さん知らない?』
え~~また 昨日と同じ夢見てるよ~と考えてると
女の子が同じ質問を繰り返して聞くので 知らないよ
って答えたら『おかしいなぁ~ここって聞いたのになァ~
あっそうだ、お姉ちゃんの子供、私友達なの、明日一緒に来るね
バイバイ』・・・これって夢だよね・・・夢だよねきっと
次の日寝るのが恐くて、彼氏に起きててよ~って言ったんだけど
彼氏は、寝てしまった・・
恐くて恐くて 眠れなくて・・・でも・・・

【続き】
○タイムスリップ

2000年、中学生だった時友達と一緒に「この道路沿いにずっと進んで行ってみよう」と暇つぶしに商店街をひたすら歩いた事がある。

そこは小さな音楽が流れているのだが、少し歩くとそれが1999年~90年の曲になっていき、よく見ると通行人もなんだか懐かしい顔ぶれになっている。
(アムラー?ぽい人間が少し古い携帯で話したりしていた)
「田舎なんだねぇ」なんて呑気にどんどん歩いていくとしまいに70年代の曲になり、歩いている人々、広告、置いてある雑誌全てが70年代のものになってしまった。


【続き】
○お面

895 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/02/25(月) 04:22:01.25 ID:4FCuDJbc0
友人が夜道を歩いていた時、お面が落ちていたそうな。
縁日とかあったっけと思いながら脇に避けて歩き続けた。
だいぶお面に近付いた頃合いで、友人は変な事に気付いた。
プラスチックとかで出来たパーティー用のお面じゃなくて、妙に生々しい人の顔のお面だった。
気味悪いなぁと思いながら足早に横を通り抜けようとした所、

「おこんばんわぁ」

そう声を掛けられた。

【続き】
○白い影

116 名前:名無しさん@こぴぺ 投稿日:2000/08/05(土) 06:49
当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。
その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。

そこで、道の左端をすり抜けて進みました。それなりに運転技術もありましたし、
どうなってもいいや、という部分があったので..危険だと知りながら、それなりの
スピードが出ていました。

そして、渋滞している車が途切れている所へ来た時に、対向車線からファミレス
に右折する車に右側から当てられたのです。車も急いで右折してスピードがあった
為、かなりの衝撃でした


【続き】
○やめてやれよ

16歳で初めて金縛りにあってから、

転居先で必ず一回遭うようになった。


初回はさすがに恐くてたまらなかったが、

二回目にかかり、それがとけた時、

これは半覚醒状態である、と確信するに至るある理由を体験した。


それからはそれを恐いと思わなくなっていた。


結婚して新居に移り数カ月後、深夜にそれは来た。


【続き】
○事故物件

689 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/03/23(土) 20:42:47.88 ID:268xTG1oT
 大学時代、僕は親元を離れて一人暮らしをしていた。僕はひたすらに安さを追求し事故
物件も大歓迎であった。根っからの現実主義者でオカルトの類は信じていなかった。それ
でも怖い話は大好きで幽霊がいるなら実際に会ってみたいとも思っていた。
僕が探し出した事故物件には入居した女性が浴槽で入水自殺したという曰があった。築
三十年の木造アパートで外観も内装もボロボロ。元々安い家賃が二万円にまで落ちこんで
いた。僕は魅力的な値段に釣られて入居を即断する。その際僕は不動産屋に興味本位で出るかどうか聞いてみた。

【続き】
○落とし穴

246 本当にあった怖い名無し sage New! 2005/07/21(木) 14:13:52 ID:EYz+Ea880
パソコン治ったので一つ話します

去年の夏に田舎{兵庫県佐用町}に久しぶりに帰った時の話。

田舎に帰ったからと言っても特別にすることもなく、
ただ毎日う○いや屋で本を立ち読みをして時間を潰すか、テレビで甲子園の試合を見るか。
とにかく時間を持て余していました。

その日はスーパーまで、頼まれた物を買いに行きました。
買い物を終え、蒸し暑いなか、一人で家まで帰る途中、
なんか気になる、そこだけ雰囲気が違う{ヒンヤリとした}
山道を見つけました

俺はその道が気になるのと 家に帰っても暇なので
その山道を探検することにしました


【続き】
○テント



105 名前:101 投稿日:2000/08/05(土) 04:02
煽りになったかな?
もうしわけないので一つ実話を。
常設テントのキャンプ場で宿泊した時、自分らの泊まったサイトには8人用の大テントが7つあったんです。
私らはその中の第7点と7テント。一番端っこでした。
夜中トイレに行って帰ってくると、誰もいないんです。
みんな寝てたはずなのに。

【続き】
○伝わりやすい言葉
「まり」という言葉の力はすごい。

任○堂の看板のスーパーマリ○ブラザーズに「まり」って入ってる。

キリスト教が広まったのはマリアに「まり」が入ってるから。

【続き】
○ざわざわする

10数年前の話。

実家のある県に空港ができたので見学に行った。
その帰り道、川で休憩してた時のこと。
観音堂みたいなところの後ろを流れてる川なんだけど、近くでみると結構流れが速い。
で、川沿いに歩いていると、すごくざわざわして叫びたくなる場所がある。


【続き】
○駐輪場がいっぱい

結構昔だけど、19歳くらいで専門学校の学生だった頃の事。

学校にはバイク→電車→徒歩で通学していた。
駐輪場がいっぱいの時はそこらの自転車とか寄せて停めるしかないんだけど、
田舎のちょっと大きめの駅だと駐輪場とか溢れかえるくらい多い。
そんな時はもう駐輪ゾーン横にでも適当な場所に停めてロックしておくしかない。まあそこすら溢れてるんだけど。


【続き】
○礒釣り

時期にして太平洋戦争直後ぐらい、淡路で漁師をしていた俺の曾爺ちゃんの話。

夏のある日、曾爺ちゃんは漁師だが趣味で釣りもするので、
その日の漁が終わった昼過ぎに、甥っ子と二人で小船を出して礒釣りに出かけた。
そこの礒は地元の者しか入らないような穴場で、チヌ等が簡単に釣れるはずだが、
その日に限っては曾爺ちゃんも甥っ子も全然釣れなかった。
その内に甥っ子は飽きてしまい、暑いので裸になり海に入って船の周りを泳ぎだして遊びだした。
「やれやれ」と思い曾爺ちゃんも一服入れて、ふと何気なく海を見ると、数十m向こうの海底に何かが立っている。
ちょっと予備知識として書いておくが、
今では全く考えられない話だが、工場ができまくるまでの瀬戸内海はかなり水が澄んでいたらしく、
親父が子供の頃でも、明石から淡路までの連絡船に乗ると海の底の方まで見えていたそうだ。


【続き】
○紙人形

これは私が小学校5,6年だった時の話です。
実話かどうかは、確認しようがない状態なのでなんとも言えません。
それに、こんなネット上の掲示板に書いていいのかもわかりません。

その当時ビックリマンチョコが流行っていて、よくシールの交換をする仲間内の一人が友人のO君だった。
O君はゲーム機をたくさん持っていて、PCエンジンからツインファミコンまで物凄い数のソフトがあったので、遊ぶ時は大概O君の家に集まった。
O君の家にはおばあちゃんと父親の3人暮らしで、おばあちゃんは常に家にいたのを覚えています。


【続き】
○向かいの窓

電車の席の隣にJKが座ってて若いなと思いながら目の隅できゃっきゃしてたのを見てたんだよ。
トンネルに入ったら向かいの窓に自分の姿とかがうつるじゃん?
今度はそれをぼーっと眺めてたんだ。

そこで、ちょっと違和感を感じたんだけど一番端っこに座ってる女の子が一生懸命話してるのに他の2人はその子をガン無視して話し込んでる。
その端っこの女の子も語りかけるって言うより1人でずっとべらべら話してる感じ。
イヤホンしてるから話の内容は分からなかったけど、取り合ってやれよーとか思ってちゃんと隣に目をむけたんだ。


【続き】
○笑い袋

280 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/23(土) 06:10:43 ID:dKcRnRO10
もう20年以上前の話です。
当時小学低学年だった私にはよく遊びに行く所がありました。
そこは大学生のお兄さんが住む近所のボロアパートの一室です。
お兄さんは沢山の漫画やラジコン等を持っていたので、私の他にも近所の子供が何人も
出入りする子供の溜まり場の様な所でした。
そんな場所で体験した出来事の話です。

【続き】
○キツネ

中学3年生だった。
受験が迫っていて、しかも希望校がボーダーラインで
すがれるものがあれば何にでもすがりたい状況にいた。
学校帰り伊勢の勢田川河口の泥の中に、白いものが顔を出していた。
堤防を駆け下りそれを見た。
異様な顔つきのキツネの白い陶器の人形だった。
目がつり上がっていて、口が邪悪そうに笑っている。
なぜかそれをひろってきてしまった。
タオルで泥を落とし机の奥にしまった。
受験には合格した。
キツネの御利益だと感じたが。なんだかそれが重荷に感じて
エロ本と一緒に捨てた、、、河口に
教師になって和歌山近くの学校に赴任した。
子どもたちと焼き芋を作りに里山広場に出かけた。

【続き】
○轢かれた女

407 本当にあった怖い名無し New! 2014/01/16(木) 00:20:10.44 ID:x9/VNY/1I
麻布のデザイン事務所かあ。
直接関係ないけど、六本木で轢かれた女の人のこと思い出した。
飯倉の交差点で女の人がタクシーにバチコーンてすごい音して跳ねられたの。
反対側のローソンの前でタバコふかしてて。


【続き】

  • 最終更新:2017-06-07 08:09:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード