怖い話 その21

○アシュラさん

106 :1:2006/05/12(金) 15:13:55 ID:J5L31GUs0

今年の3月の終わりごろだったかな。俺はいつもの様に、更新を楽しみにしながら洒落怖まとめサイトを見ていた。

その時、俺の伯父さん(オカルト好き)が家に遊びに来てて、

一緒になって「へぇ~こんな面白い話がたくさんあるんだ」と楽しく見ていた。

丁度、投票ランキングを見ていた時。

「ちょっと、とめて」

画面を下にスクロールさせる俺に、伯父さんが言った。

「この、リョウメンスクナっての開いてくれる?」

俺は言われるがまま、カーソルを持って行き、クリックした。

「あぁ、これね。去年ちょっとは話題に上った話で、最後なんかちょっとスレがパロディ化して…」

「ちょっと黙ってて」

いつもは優しい伯父さんが、珍しく険しい表情で言った。

黙って真剣な表情で、リョウメンスクナの話を読んでいる。

10~15分は経っただろうか。伯父さんがようやく口を開いた。

【続き】
○幽霊住宅

298 名前:ニセ雷鳥2号 投稿日:04/06/10 00:16 ID:+RPG1Qg+

「幽霊住宅1」

親戚の話。

叔父、叔母、そして当時すでに中学生だったミキちゃん、ケイちゃん姉妹の4人家族は、昭和50年前半に兵庫県尼崎市の町工場、倉庫が立ち並ぶ。

住宅密集地の中にある築10年ほどの建売中古住宅に引越して住みはじめた。
見た目は白壁にグレー瓦の普通の木造モルタル2階建ての家だが、日当たりも悪く、昼間でも暗い陰気な家だった。

引越し一週間くらいしてから真夜中に赤ちゃんの泣き声や気味悪いうめき声が家のどこからともなく聞こえてくる。

ご近所さんかなと、外へ確認に出ても、どうも外からではないらしい。

そんなうめき声の聞こえたある日の夜中に、気味が悪いから叔父は電灯をつけようとして蛍光灯のヒモに手を伸ばすと、冷たい手に触られた。

廊下や階段で足音や物音はするのはしょっちゅうのことだった。
夜中に大きな音が廊下でした時に叔父が見に行くと、今つけたばかりのような濡れた小さい子供の足跡が、廊下にひとつだけポツンとあった。

【続き】
○親友との別れ



358 名前:POOF 投稿日:2001/07/11(水) 03:49
友人から聞いた話です。

友人(以下K太とします)が高校一年の頃、
クラスに好きな女の子が出来たそうです。
しかし、間の悪い事にK太の親友Tも彼女を好きになり、
所謂三角関係というものが、繰り広げられたそうです。
といっても、それは「彼女がどっちを選んでも恨みっこ無しな!」と
いう、割と爽やかなものだったそうで、側から見るとそれは、
当時流行っていた“ドリカム状態”とでも言うべきものだったらしいです。
そんな膠着状態(ワラ のまま、季節は夏に突入しました。
その頃K太は、バイト先の一つ上の女の子と仲良くなり、
付き合う事になりました。そしてTや彼女(同級生の方)と四人で
Wデートの様に海や遊園地に行ったりする様になりました。
そこでK太とK太の彼女は、Tと彼女をくっ付けようという事になり
元々K太をやや差し置いて意識し合っていた二人は
めでたく付き合う事になりました。Tは照れながらもK太に何度も
礼を言ったらしいです。そして本当の意味でのWデートの一発目は
秩父だか何処かその辺りでの(ゴメンナサイ。一寸失念)バーベキュー
だったそうです。Tは幸せペナルティーとして(ワラ 一番重い荷物を
持たされましたが、(全員高校生なので、電車で行ったそうです)
終始笑顔を絶やさず、彼女も嬉しそうで、とても楽しい一日だったそうです。
しかし四人のWデートはこの日が最初で最後となりました。

【続き】
○タイムスリップ

2000年、中学生だった時友達と一緒に「この道路沿いにずっと進んで行ってみよう」と暇つぶしに商店街をひたすら歩いた事がある。

そこは小さな音楽が流れているのだが、少し歩くとそれが1999年~90年の曲になっていき、よく見ると通行人もなんだか懐かしい顔ぶれになっている。
(アムラー?ぽい人間が少し古い携帯で話したりしていた)
「田舎なんだねぇ」なんて呑気にどんどん歩いていくとしまいに70年代の曲になり、歩いている人々、広告、置いてある雑誌全てが70年代のものになってしまった。

【続き】
○まっくろくろすけ

878 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/02/25(月) 00:07:34.87 ID:i+fVe7V90
マホにしたので初カキコ

私が小学3~4年生位の頃の話
怖い話しというよりは変な話しです。

当時、私は大分県の竹田市って所に住んでて 私の住んでる所の近くには 昔使われてたキリシタンの礼拝堂がありました。 

礼拝堂っていっても綺麗な建物じゃなくて 山を無理やりくり抜いた洞窟にキリストの人形みたいなのがちょこんと置いてあるだけのきったない場所。

当時、私の通ってた小学校ではかなり話題になった有名な話しなのだが この礼拝堂に暗くなってから行くと まっくろくろすけがやたら出る というものでした。

どれくらいかというと 本当にわんさか出る。20匹くらいが洞窟あたりでひしめきあってる感じ。
壁やら地面やらに人の顔サイズくらいの黒いモヤモヤがいっぱいいるの。

たまーに洞窟から出てこっちに向かってくる時があって そんときは友達とギャーギャーいいながら逃げたのはいい思い出。

【続き】
○預かり物

106 名前:謎の預かり物 投稿日:2000/08/05(土) 04:26
これは大学の先輩が体験した実話
その先輩は沖縄の人で東京の大学の受験のため上京していた時のこと
特に東京近郊に知り合いもいなかったので
都内のホテルに一人で宿泊していた
何校か受験するため2週間くらいの長期滞在だ
そんな中のある日、試験を終えて試験会場からホテルに戻ると
フロントの人に呼び止められた

【続き】
○空き巣被害

前住んでたマンションの話。


別にどうってことの無い古めのマンション(アパート?)で、

4階建てのうちは4階だったんだけど、

自分しか居ない時にリビングから

テーブルにコップを置く音が聞こえたり、

コーヒーミルが勝手に回ったり

(これはコンセント入れっぱなしにしといたからだと思うんだけど)、

わたしは全然霊感はないんですが、

なんとなく「いやだなあ」っていうことが何度かあったんです。

【続き】
○ラジエーター
677 【東電 61.8 %】 age New! 2013/03/23(土) 03:12:51.43 ID:iHgEd95m0
前乗ってた車の末期にラジエータがいかれて水温計振り切る寸前でスタンドに。
液漏れもしててほんのり煙が立ち上ってる状態。
あともうちょいでディーラーがあるので、ガス入れる代わりにしばしの間熱さましと液補充して
もらうことに。そこにバイトの兄ちゃん登場。
「俺見てあげますよ」「ディーラーに持ってくからいいよ」「大丈夫っすよ」
そこまで言うならまぁいっか、って感じでおいらは待合室へ。

【続き】
○守ってくれた梵字

223 本当にあった怖い名無し 2005/07/21(木) 00:55:22 ID:EUVNYdSZ0
もう十年以上前の話です。当時小学生だった私は鹿児島の山奥に住んでいました。
該当も一切無く畑と林しか無いような場所で、夜はほんとに真っ暗でした。
田舎ではよく見られる構造だと思うんですが、うちは庭にトイレがありました。
しかも、いわゆるぼっとん便所というやつです。小さい頃は親にトイレについて
きてもらってたんですが、小学校高学年になってからはさすがに一人で行くように親に言われていました。

【続き】
○ノートの警告



97 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2000/08/04(金) 23:04
『ほんとうにあった怖い話』スレッドからちょっと拾い物。


もう前の話でごめんなさい。10年ぐらい前、お互いが実家のため週末は彼氏と港北のラブホに泊まってました。
色々行ってみたけど、結局お気に入りができていつもそこに泊まってた。
港北のどっかのラブホにオバケでるらしいよって噂は聞いてたけど
二人とも信じてなかった。なんでも殺人があったらしい。
ある日、お気に入りが満室で別のとこに行った。
寝ようとしてベッドのトコにある電気を消そうと彼が振り向いたから
私もなんとなく振り向いてスイッチを見てたら、(回すタイプのやつ)
彼が触る前に勝手にスイッチがくるっと回り電気が消えた。
慌てて彼がスイッチを元に戻して「今の・・・見た??」「見た・・・」
二人でしばらく黙り込んだ。

【続き】
○あのヒーローは実は悪?

スーパーマリオブラザーズというゲームをご存知か?
そのゲームの説明書には「キノコ王国の住民はブロックやレンガに姿を変えられ」という文がある。

マリオがそのレンガを壊している。
マリオ自身がキノコ王国の住民をいたぶっているのだ。
さらに死人を増やす気なのかピーチはエンディングでこう言う。

【続き】

○7月7日の晩
小学校のクラスメイトにMというのがいて、父親は地元の名士で有名な産婦人科医でした。
外壁に蔦がはっているようなかなり古い2階建ての洋館を病院にしていて、近所の子供たちの間では『お化け屋敷』などと言うものもいました。
何でも、関東大震災後に建てられた建物だということでした。
実際は、医師として大変評判のいい父親のおかげで、病院はとても繁盛していたようですが。
ところが、小学校の卒業をひかえた頃、Mの父親は突然亡くなり、病院はやめることになりました。
あとには、Mとその母親と妹、そしてお祖母さんが残されました。


【続き】
○某渓流
俺、渓流釣りが好きで、山奥の渓流とか一人で行くんだけど、何度か変な経験がある。


福島県の某渓流。
釣り人ならばよくする行為だと思うんだけど、
そん時も同じように車から降りて林道?から川の様子を見ていたんだ。
そしたら、いきなし左肩をドンって押されて、一歩前に出る感じになったんだ。
で、振り返るが誰も居ない。
で、まぁ川も狭いし、藪が茂っているから竿を出すのも大変そうだから、
釣りするのはやめようって、車に乗って下流に下りていきました。

【続き】
○小屋の二階

昔、まだ学生だった頃。サークルの仲間と旅行に行った。
メンバーのほとんどが貧乏学生だったんで、友達に聞いた安い民宿で泊まることにした。
民宿のすぐ隣に、古そうな小屋みたいな家みたいな建物が建っていた。ボロいんだけど、妙にでかい。
その建物を見て、メンバーの中の霊感強めの女の子が震えだした。
「2階がヤバイ」「こっちを見てる」みたいなことを言って、「こんなところには泊まれない」って帰ってしまった。


【続き】
○姉キの部屋

十年くらい前、友達だった先輩が自動車事故で死んだんだけど、それから一週間くらいした夜中の1時頃。
3才年上の姉キの部屋から話し声がしたんだよ。(その頃は実家に同居だった)
テレビでも見てんのかと思って、その時は気にしなかったんだけど。

次の日、オレが仕事が遅くなって、夜中の2時くらいに帰ったら、
また姉キの部屋から話し声がしたから、テレビ付けっぱなしで寝てんのかと思って、ノックしても反応がなくて、
部屋に入ったらだーれもいなかったんだよ。
アレっと思ったんだけど、その時は聞き違いかと思い、姉キも夜遊びでもしてんのかと思って、
自分の部屋に入って寝よーと思ったら・・・

【続き】
○出たのは誰?

昔、一人暮らししていた時の話。

家にはもちろん一人しかいなくて、お風呂に入っていたのよ。

んで、お風呂から出て何気なく携帯見たら、出た覚えのないのだけど、もの凄く仲良い♂友達からの着信履歴(お風呂から出る10分くらい前の時間に)があって(不在着信になっていなくておかしいな…)と思いながらかけ直してみた。


【続き】
○神様、心臓、狐、夢

425 1 sage 2008/08/18(月) 00:04:42 ID:/8EI9PQjO
以前感電して何故か生きてる話を書かせてもらった者ですが、本当に私何なんでしょうか

不思議な夢をみるようになったのは3年ほど前
(その頃の私はとんでもないDQNで素行不良だったw)
始まりは神様と出会った夢からだった
ごく普通の夢に乱入する形で現われて、私に説教をすると(言葉こそわからなかったものの、まったくお前は!といわれたと感覚でわかった)私の心臓を取り上げていった

【続き】
○解剖実習
三年前に大学で体験したことなんだけど聞いてください。
オレは某地方医大に通ってる学生なんだけど、
その頃ちょうど解剖実習をやってました。
そのときの話。
実習はなかなか定刻どおりに終わることがなくて、
結構夜中の8時くらいまでかかることがあったんですが、
その日はたまたまウチの班が最後まで実習室に残ってシコシコ解剖してました。

【続き】
○お経

461 本当にあった怖い名無し 2014/01/30(木) 21:49:52.39 ID:oQ/6qH7h0
去年の話
全く怖くないしここに書き込むのが合ってるのかどうかはわからない
スレチだったら思う存分叩いてくれ
あと無駄に長文になる すんません
最初は変な夢だった。
いつも使ってる駅をいつも通りに歩いてたら、通路の脇の方にお坊さん?が笠被って突っ立って何やらぶつぶつ言っていた。
何なんだ…とは思ったけど笠被ったお坊さんが立ってるなんて町中の方なら割とあることだったし深くは考えなかった。
でもいつもなら少し距離を置いて通り過ぎるのにそのときはその人を避けるのも面倒に思えて
自分が歩いていた方向を変えることなくそのまま歩いた。
お坊さんのすぐ前を横切るようなルートになる。

【続き】

  • 最終更新:2017-06-03 12:03:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード