怖い話 その13

○奇妙な死に方

中学時代に国語の先生から聞いた話。


男性が4人連れで旅行に行ったまま行方不明になったそうです。


警察がどこを探しても見つからない。


で、灯台下暗しというか、

その4人は宿泊先の部屋で死体となって見つかったそうです。


問題なのは、その死に方。


4人とも部屋の出入り口を目指した格好で、

眼球が飛び出した状態で、心臓発作で亡くなっていたそうです。

【続き】
○シャウトおばちゃん


12 本当にあった怖い名無し 05/01/12 23:23:29 ID:W8YPpzM/
まあ、そうだね。荒らされないだけましか。
今の時代、狂っていないとやっていられない」

この台詞も田舎もんにはぴんとこない・・・。
>>8
2ちゃんでこのスレっぽい話といえば「たまげた話」がまず思い浮かぶね。
自分の息子を女の子にしたいがために・・・・て話。

ちょっとしたネタを思い出した。
地元からちょっと離れたところの話だけど、そこらへんを歩いているとおばさんがこれでもか
というぐらいの声量で叫んでいた。

【続き】
○子連れ

486 本当にあった怖い名無し sage 2013/03/17(日) 06:29:04.56 ID:gF/J0xOrO
あまり怖くないけど書いてみる

俺の地元は田舎で田んぼだらけなんだけど
田んぼだらけの真ん中にポツンと小さな森がある場所があってさ

森に入ってすぐ左に御札だらけの古びた鳥居があって
そこを通りすぎると右に小さな小屋?みたいなのがあるんだ
(お稲荷様の小屋みたいな)

それで、小屋にも御札がたくさん貼りつけられているんだけど
記憶が確かなら昔に友達が開けた時に
中には大名?みたいな人形が座っていたはず
(雛人形位の大きさ)

【続き】
○スカートめくり

762 本当にあった怖い名無し New! 2012/12/12(水) 22:24:08.71 ID:04i5Ozgd0
あんまり怖くないかもしれないけど
昔、叔父さんからきいた話です

叔父(以後、S治)が小3の時クラスにN谷さんという子がいた
N谷さんは掃除していない奴に進んで
「ちょっと!」とか言いに行くクラスの委員長っぽい性格で
女子の友達は多いけど、一部男子からはちょっと
疎まれやすい感じの子だったらしい

【続き】
○エキストラベッド

393 本当にあった怖い名無し sage 2013/02/16(土) 01:01:26.39 ID:DhEHOXPy0
ほんとに体験した話です。
携帯からのUPなので、改行が変でしたらお許し下さい。
私は夢であったと信じていたいし、夢だったのかもしれません。

ある年の年末年始に、両親と私の三人で京都に旅行に行く事になりました。

両親は既に高齢でしたので、エキストラベッドは私が使うね~
と行の新幹線で京都に行ける事で
はしゃいでいました。

【続き】
○お○あさんといっしょ


今はもう小学生の息子が幼稚園卒園ぐらいまではNHK教育の『お○あさんといっしょ』をよく見てました。
今をときめくさわやかお兄さんの佐藤○道さんが体操のお兄さんとして君臨、世の中のお母さんのハートをバッチリ掴んで今でもそうですが大変な人気があった頃です。

【続き】
○川沿いの家

8 1/4 sage 2005/07/19(火) 01:18:51 ID:Wl8KE6vC0
>1 乙!
じゃあ、おつまみ程度に私の実体験を……

まだ誰にも話していないお話しです。
少し長くなりますが、おつきあい下さい。

十数年前の話。
私が6歳、兄が8歳の時だろうか。
私たちは、お盆休みを利用して、両親と4人で父の実家に遊びに行った。

【続き】
○見知らぬフォルダ

いつものように2chに行ってあるスレッドを全部表示にしようとしたら
メモリが足りないとかで全部見れない。
いらないデータを消そうと思ってマイドキュメントを開くと見知らぬフォルダが。
なんやろうと思って開くと驚くほどの画像ファイルや動画ファイルがたくさん。

【続き】
○変電所

111 変電所 1/3 sage 2013/10/17(木) 01:53:33.11 ID:vyb2a1lW0
昔、電力会社の下請けで作業員してたんだけど、その時に聞いたちょい怖な話し。
書き溜めたんで投下します。
特定避けるために、少しフェイク入れてます。


前提知識として、各家庭に電力を配る配電用変電所ってのは小規模で無数にあるから、普段は人がいないんだよね。
しかも、建物はコンクリートの打ちっ放しで、築30~40年のものがゴロゴロ。
薄汚れてるし、建物内も暗くて、サイレントヒルの廃病院みたいな雰囲気。
特に地下変電所とかは、真っ暗な中で電灯点けながら進まないといけないから、何もなくても怖い。
だから、普段でも一人で作業するときは結構不気味なんだよね。俺怖がりだし。


【続き】
○何乗せてるの?

つい先日の事です。


今だに恐くて手が震えていますが、皆さんに聞いて欲しいので書き込みます。


仕事に行くために駅のホームで電車を待っていました。


なんて事はない毎日通う駅の風景です。


ですが、その日は違いました。


電車を待つ私の隣に若い女性が同じ様に電車を待っていました。

【続き】
○夢と違う


26 名前:名無しさん 投稿日:2000/08/02(水) 21:57
テレビでアイドル?が体験談として話していました。もう何年も前ですが。


彼女は、ストーカーのような男に追い回される夢を見ました。
走って叫んで、助けを求めようとしましたが、間もなく捕まってメッタ刺しに!
自分のモノスゴイ悲鳴で目が醒めました。

【続き】
○いよいよ

493 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/03/17(日) 20:14:11.15 ID:E83SyaIf0
亀だけど、死神の話で、同じような体験をしたので投下する。

最初にみたのは、いつ頃だったのか覚えていないのだけど、おそらく4歳頃だったと思う。
俺は熱を出して、和室で一人で寝かされていた。
ふと、気づくと枕元に人の気配がした。
母親が様子を見にきたのだと思い、目を閉じたまま話しかけたのだが返事がない。
変だと思い目を動かすと、ギリギリ視界に入るくらいのところに、髪の長い女が正座しているのが見えた。
女は俯いていて顔はみえなかったが、母親とは違うことはわかった。

恐怖よりも、誰だろ?という気持ちが強く、そのうちウトウトと寝てしまい、次に目覚めたときは誰もいなかった。
あとで家族にきいたが、そのような女はいなかったということだった。


【続き】
○それぞれの記憶


844 本当にあった怖い名無し sage New! 2013/02/04(月) 21:50:21.75 ID:TIeuNTlQ0
変な体験した。

俺と友人A、B、Cで、駅で待ち合わせることになった。
俺が待っているとAは約束の時間通りにきた。
しかし、BとCは来なかった。
電話しても「この電話は電波の届かない場所にあるか・・・」でつながらない。
仕方ないから、俺とAで買い物済ませた。

家に帰ると、Bから電話かかって来た。
Bは、Cは来たけど、俺とAが来ないと怒っていた。
そんなハズはないと、俺は事情説明。
Aにも電話入れてもらった。

【続き】
○あれからずっと


409 本当にあった怖い名無し sage 2013/02/16(土) 07:26:24.92 ID:Yuc10pgf0
昔、実際に体験した話。

卒研で、実験のデータ待ちで徹夜中、同じ研究室のAが、話しかけてきた。
「なんで、近鉄ってストライキがないか知ってる?」
Aによると、奈良と大阪を結ぶトンネルを建設中に大事故があり、会社倒産の危機だったが従業員と会社が一致地団結して乗り切ったため、今でもストライキがないのだということだった。
「今、電車で通ってるのは新しいトンネルやし、そのトンネルとは違うねん」
A曰く、その古いトンネルはもう使われておらず、誰でも行けるらしい。

【続き】
○横断歩道の標識


昭和の30年代のこと。

横断歩道の標識を新しく作ることになりそのデザインのもととなるものを政府が一般に公募したことがあったそうです。

横断歩道のイメージに合った写真やイラストの応募が、全国から集まりました。
その中から、九州に住むカメラマンAさんの写真が見事採用されました。

【続き】
○トウモロコシ

30 トウモロコシ 1/4 sage 2005/07/19(火) 08:32:53 ID:9ogbgzgl0
トウモロコシが食卓に上る季節になると
我が家では必ず語られる話。

今では70歳近い母親が、小4のときに体験した話だ。


ひとりっ子の母は、当時、母の祖母・両親と一緒に田舎で暮らしていた。
そこは小さな村落で、近隣どうしは家庭の内情などにもよく通じていた。

  母の両親は村に珍しく共働きで、GHQの通訳と教師をしていた。
  母の祖母は80歳を超える年齢ながら畑を作り、家の留守をみていた。

お隣さんは裕福な農家で、子供が何人もいた。
その中に、生まれつき脚の悪い男性がいた。

脚のせいで農作業ができないといえ、思考はむしろ明晰で
親兄弟に気兼ねしながら、人目を忍んで離れで暮らす姿を
母の家族は隣家としてよく知っていた。

【続き】
○長い髪

1週間ほど前の夜、私は事故現場を通りかかりました。
女学生がバイクに乗ってて車にぶつかったそうです。
その時、地面に広げられたシートから長い髪の毛がはみ出てるのを見てしまったんです。
気の毒に思い、手を合わせたのですが、その日からなんだか変なことばかりあるんです。
会社のトイレの洗面所で、手を洗おうとした時、前の鏡に長い髪がふわっと通るのが写りました。
でも誰もいないのです。

【続き】
○骨

435 本当にあった怖い名無し sage New! 2014/01/22(水) 05:00:11.61 ID:ClZu9DUo0
怖いどうかは分からんが、自分の実体験。

自分が小学生の時に実家(k県)の小学校の近くに昔牛乳工場だった廃工場があったのだが、そこはエロ本が沢山落ちていて専ら自分らの間では有名だった。

学校が終わった後、友達と2人でエロ本探しに廃工場へ行ったら、案の定工場の外にはエロ本や裏ビデオが沢山落ちていて二人で歓喜した。

ふと周りを見ると廃工場の窓の部分が朽ちて人一人分の隙間ができて中に入れるようになっていた。

436 本当にあった怖い名無し New! 2014/01/22(水) 05:02:31.82 ID:ClZu9DUo0
この時エロ本についた白い液体がさほど新しいものだとはそんなに気にはしていなかった。

大方 一階の散策が終わり、夕方になった頃 、友達が用事があると言って帰る。自分はまだお宝があると信じ 二階に行くことを決意。

奥へ進むと案の定二階へ上がる階段があったので一人で階段を昇る。階段は割れたガラスだらけで中々上がれず、誰かが最近まで昇った形跡は無い。

【続き】

  • 最終更新:2017-05-28 07:28:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード